キリマンジャロ 5泊6日 その3「徐々に高度上げアタックキャンプ場へ」

Kilimanjaro3

キリマンジャロ3日目[2010/8/31]

SHIRA CAMP(3837m)→LAVA TOWER(4637m)→BARRANCO CAMP(3976m)

3日目は3700m→4500m→3900mという登り降りのある日程。一度4000mを超えて戻るので高度順応にはちょうどいい。マチャメルートを選んだのもこのUPDAOWNがあるから。キリマンジャロ攻略法は高山病にならないことだけ。天候は運次第だけどね。

すでに富士山よりも高い位置なので、動きすぎるとすぐに息が上がる。南米で軽い高山病を経験しているのでめちゃくちゃ慎重に足を進める。結構遅めのペース。

高度が高いだけあって風が吹くと一気に体温が奪われていくけど、日が差し始めるとあっという間に暑くなる。何度も脱ぎ着を繰り返した。温度調整難しい。

雲の動きが早い。常に流動的に変わって同じ景色が1つとしてない。西から東へ移動しているので、風景・雰囲気もどんどん変わる。

2010-08-31 14-38-27_0161
いい天気!でもキリマンジャロだけ雲の中

2010-08-31 16-03-40_0168
3日目スタート!

2010-08-31 17-37-56_0178
骨付き肉の様な岩

2010-08-31 18-27-09_0181
4500m地点のLAVA TOWER目指して歩きます

2010-08-31 18-38-37_0050
ゆっくりゆっくり進みます

2010-08-31 18-46-48_0187
朝用意してもらったランチセットはいつどこで食べてもOK!

2010-08-31 19-52-15_0189
通過するところでテント場がいくつかありました。

2010-08-31 20-01-23_0191
中間地点を過ぎ下りに入ります。スタスタ歩けちゃいます

2010-08-31 20-54-32_0204
どんどん下ります

2010-08-31 20-19-45_0193
氷河が昨日より近くにみえる

2010-08-31 21-19-28_0216
氷河の下側まで歩いてきた!

2010-08-31 21-27-19_0217
高山植物がいっぱい

2010-08-31 21-01-37_0208
結構でかいんですよ

2010-08-31 21-53-58_0223
昨日とはまた違った感じのキリマンジャロ

2010-09-01 00-15-38_0227
ポーター達のテントはなかなかの年期は言ってます!

2010-09-01 00-16-24_0229
中も覗いてみました〜

 
 

キリマンジャロ4日目[2010/9/1]

BARRANCO CAMP(3976m)→BARAFU CAMP(4673m)

4日目はいよいよアタックキャンプ場まで進みます。
標高は4600m。昨日の最高到達地点とほぼ同じ高さくらいなので
順調に身体が高山に対応していれば難なく行けるはず。。。

2010-09-01 13-55-25_0239
最初からいきなり岩場を進みます

2010-09-01 14-00-39_0244
小さな小川を超える

2010-09-01 14-14-01_0250
結構急な登り道。息切れはしないようにようにゆっくりゆっくり

2010-09-01 16-20-10_0272
途中から完全にガスの中。。。太陽の光が届かないから結構寒い。

2010-09-01 20-17-48_0276
緩やかな登り道になりました

2010-09-01 20-19-29_0277
赤服はガイド。ガイドも荷物を運びます

2010-09-01 20-28-58_0279
進む道がはっきりと見えるのはうれしくもあり、しんどくもある(笑)

2010-09-01 21-33-46_0282
もう少しでキャンプ場だ

2010-09-01 21-50-01_0285
4日目も無事に完歩!

2010-09-01 22-00-29_0289
テント場がなかなかいい立地♪

2010-09-01 22-04-06_0297
ついにここまで来た!いよいよ頂上に登りだけだ!!

2010-09-01 22-08-57_0303
今日は本当に雲の動きが激しい。明日の天気がどうなるかは運次第。

2010-09-01 22-20-23_0308
ポーターが上に荷物を運ぶのはここまで。山頂アタックの帰りをここで待つ。ホッとした気持ちが体中から染み出てるよ(笑)
 
 
テント場に着いて1時間したぐらいだろうか、真っ白で今日全く見えなかったキリマンジャロが姿を現した。ガスの中を1日中歩いていると、明日の山頂時も曇っているんじゃないかとどうしても考えてしまう。

そんなうちらの気持ちを察したかのように顔を出してくれた。その風格と言うか存在感は格別だった。まだ登り切ってもないのにうれしくなってしまって、テンション上がりまくりで夕飯を食べた。

「絶対『ここまでおいで』って言ってるよ!」
 
 
ガイドのジョゼフとアタック時の服装の確認をして、4時間ほどの仮眠をとった。

2010-09-01 23-28-47_0313
今日は全然見ることができなかったキリマンジャロが姿を現す

2010-09-01 23-38-57_0328
アタックに向けた最終打ち合わせをガイドと行う。寒さ対策は万全かい?

2010-09-02 00-59-12_0346
寝る前には雲もなくなっていた。期待が膨らむ。

 
トイレで目が覚め外に出ると、満天の星空が広がっていた。風もなくなっている。絶好のコンディションだ。あと数時間このコンディションが続くように祈りながら残りの睡眠をとった。

寝袋に戻ると心臓がバクバクしていた。高度だけのせいではない、体も心もついつい興奮してしまったみたいだった。
 
 
いよいよ登頂する!楽しみだ。





ブログ村ランキングに参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA