パタゴニア パイネサーキットトレッキング 持ち物リスト

荷物を一覧にまとめました。パイネ国立公園のトレッキングではガイドやポーターはいないので、全荷物を自分で背負わなくてはいけないです。テントと工程に合わせた食料も持ちます。パイネサーキットを10泊11日で歩いたので食料は約12日分で相当な重さでしたw

食料はテントサイトに売店があれば購入も可能です。ロッジがあるところではレストランもあります。しかし自力で歩着きる事が1つの目標でもあったので買い足しはあえてしませんでした。

それぞれザックの重さは
ケン:25kg、チコ:15kgくらいはありました。
序盤はかなりしんどかったです

必須

バックパック

 

ケン:モンベル エクスペディションパック80(現モデルは70と90)
チコ:アコンカグア フィッツロイ60(ネットにて購入)
旅中に背負っていたザックを利用。防寒具一式とテント、食料12日分で2人とも荷物パンパンになりました。重さも半端なかったです。


トレッキング中に不要な荷物は鍵のかけれる簡易のザックカバーに入れ宿に預けた。
簡易のザックカバーはアコンカグアのザックカバー。汚れ防止や飛行機に預ける時にかなり重宝します。刃物であれば切れてしまいますが盗難防止にも効果を発揮すると思います。
このザックカバーが旅の中で一番役に立ったおすすめアイテムです♪
 
 

寝袋


モンベル U.L.スーパー スパイラルダウンハガー#3

寝袋は日本から持参。コンパクトにまとめれるダウンが暖かくて便利です。氷点下まで下がるときもあったのでもう一段上の#2でも良かったぐらい。
 
 

寝袋カバー


モンベル(mont-bell) 寝袋 PLTX.スリーピングバッグカバー インクブルー

ダウンは水の弱いので、カバーはあったほうが良いと思う。汚れにくくもなるし、寝袋単体で寝るより暖かくなる。
 
 

トレッキングシューズ


THE NORTH FACE GTX
普段山を歩かない日本人は足首まで固定されたハイのトレッキングシューズが良いと思う。
 
 

サンダル


ギョサンを愛用。テントサイトに着いたらトレッキングシューズを脱いでサンダルへ。足が開放されてスッキリします。まずは足元からリラックス。
 
 

スパッツ(足元の泥除け)


モンベル GORE-TEX・ライトスパッツロング

靴とズボンの裾を汚れから守ります。泥濘を歩く時は必須アイテム。歩く時右足で左足のくるぶし辺りを、左足で右足のくるぶし辺りを擦ったりするので、ないとズボンがすぐ汚れてしまう。
 
 

サングラス

旅中に買った安物のサングラス。何回もなくして買い直しているw
紫外線は強いので、曇でも付けた方が良いです。
 
 

トーチ


日本から持参。ドンキーとかで買ったような
 
電気がないので必須。夜トイレに行く場合や荷物をガサゴソするときにも役立ちます。明るいうちに目的地にたどり着けない場合も考えると、そもそも山に入る時には必ず必要な一品になります。
  
 

地図

IMG_20160120_040653
折りたたみの地図2つとロンリープラネットのパタゴニアトレッキング版(英語)を見比べて使用した。微妙にコースが違ったり、距離が違ったり、所要時間が違ったり(笑)その辺の適当さは南米レベルです。トレッキング中は折りたたみ地図を見て、テントサイトに着いたらロンプラを読みました。
 
 

日焼け止め

紫外線予防のため、毎朝顔に塗った。
 
 

トイレットペーパー(2ロール/人)

トイレに紙は常備していないので、自分の使う分は用意して行く。
芯はゴミになるだけなので、あらかじめ抜いておこう。
 
 

手ぬぐい

小さくて乾きやすいので便利。顔を洗ったり、汗を拭いたり、止血に利用できたりと応用できます。
 
 

歯磨きセット

トレッキング中も歯ぐらいは綺麗にしたい。
 
 

無添加石鹸

髪や体を洗う時に使用。自然に害のタイプを持っていこう。荷物を減らすため、液体系ではなく固形タイプの石鹸が良い。
 
 

カメラ

 
ここいいな!って感じたら写真に残しておくと良い思い出になります。荷物になりますがやはり一眼がおすすめです。このときはまだペンタックスの防水デジカメでした。電池は寒いと持ちが悪いのでポケットに入れて冷えないようにしていました。

 

プラティパス(水入れ容器)


トレッキング中の飲料水入れ。テントサイトの水場か川から補充しました。放牧もなく氷河水なので湧かせば大丈夫というレベルです。お湯を入れれば湯たんぽとしても使えます。熱々いれても問題無しなのがすごい!
翌朝はこの水を湧かせば早く沸騰するので燃料節約にもなります。
 
 

鍋セット


料理につかう鍋セット
持ち歩きにも軽いアルミ製

ツールナイフ


料理にはこれ一本で対応
キャンプの必需品
 
 

ガスストーブ


一般用のガスボンベが使えるガスストーブのヘッド
キャンプ専用のカートレッジは売ってるところが限られているけど、ガスコンロ用のカートリッジは世界中のスーパーで売られているのでこちらの方が使い勝手が良いです

 

エマージェンシーシート


使わずに下山できることが一番望ましいのですが、いざと言う時に体温低下を防ぐことができます。私たちはレジャーシートにもなるタイプを持ち歩きました。テントの時は毎回テント内に敷いて使用しました。
エマージェンシーシートはコンパクトタイプも多数あるので、必ず持っておきたい一品です。
 
 

テントサイト利用料・アクティビティなどのお金

有料のテントサイトと無料のテントサイトがあります。
事前に事務局のようなところでテントサイトの料金を確認しましたが、よく分からないという返事でした(笑)管理はニュージーランドと比べるとかなり適当なレベルです。 
 
パーミット:US60/人
テント代:US7〜9/人
パイネ国立公園までのバス代:US20/人
氷河トレッキング:US200/人くらいだったような(結局いけず) 
 
 

衣料

インナーダウン上下

 
モンベル U.L.ダウンジャケットとパンツ

トレッキング中はインナーダウン+レインコートの組み合わせ使うことが多い。テントでくつろぐ時や、寝るときにも防寒着として活躍する。軽くて扱いやすい。コンパクトにまとまるので収納しやすい。
意外と高いんだよね〜今ならユニクロのライトダウンでもいいかもしれない。
 
 

レインコート上下

 
モンベル レインダンサー

雨に濡れると急激に体力を奪われるので、レインコート系は山に行く時の必需品。雨降らなくても、風対策に有効。明るめの色の方が山では目立つのでいざと言う時に見つけてもらい易い。
パタゴニアの風はなめたらいけません、一瞬で体温奪っていきます。
 
 

毛糸帽子


ネパールの帽子。中がフェルト生地になっているとかぶりやすい。旅のお土産にもらったもの。
 
 

手袋


モンベル オーバーグローブ

フリース素材の手袋か軍手で日中は過ごせる。フリース素材の手袋が暖かくて良い。雨風の時はオーバーグローブを使用。防水機能があると手先が冷たくならないのでいいです。
 
 

ジャンバー・フリース


軽めの気楽に着れるものがあると重宝します。
 
 

着替え

・Tシャツ×4
速乾性ロングTシャツ×1
速乾性半そでTシャツ×2
ヒートテックロングTシャツ
 
・下着×3
3枚くらいあればローテ可能
 
・靴下×3
2セットはトレッキング用。もう1つは宿用にした。
 
・ヒートテックの股引
足が暖かいかどうかは全然違う。
 
 

 

食料

11日分の献立を考えて、それにあわせて食料を買い込んできました。
こんなに長く歩くのは始めてだったので相当な量でした(汗)

IMG_20160120_042816

・オートミール
・シリアル
・ドライフルーツ
・米
・パスタ
・パン
・ゆでた鶏肉(初日用)
・シーチキン
・キャベツ
・タマネギ
・コンソメ
・サラミ
・クラッカー
・スニッカーズ
・チョコレートバー
・インスタントコーヒー
・脱脂粉乳
・ハチミツ
・ドルチェ
 





ブログ村ランキングに参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA