キリマンジャロ登山 持ち物リスト

荷物を一覧にまとめました。

キリマンジャロはポーターと一緒に登るので
登山中は最低限の荷物だけ持てばOKです。

水や食料を入れても5kg未満。
急な天候に対応出来るように防寒具や雨具は
必ず持ち歩く必要があります。

重くない分早く歩けますが
高山病にならないように自制して
ゆっくり登るようにしましょう。

持ち歩く荷物

バックパック

ケン:25L
チコ:20L(防水対応)
サブバックで登りました
完全防水対応は雨を気にしなくていいので便利
胸や腰で止めるバックルタイプがおすすめ

バックパック用レインカバー

モンベルのレインカバーは付けやすい
小さく収納出来て便利、使い勝手良し
やっぱモンベルです、モンベルいいです♪

高山病の薬

高山病対策に必要。利尿作用があるので、
頻繁にトイレに行くことになります

3000mあたりから症状が出る前から服用
日本から持参ならダイアモックス一択

トレッキング用地図

ガイドはいますが、山に入るなら地図は必須
地図を見ながら歩くのも登山の楽しみの1つ
現地で購入品は結構アバウトな地図でしたw


ちゃんとした地図情報が必要であるなら
キリマンジャロトレッキング本がおすすめです

荷物をポーターが運んでくれるからこそ
本を自分の荷物で持って行くのが可能

日焼け止め

紫外線予防のため毎朝顔に塗りました
高度が高いので紫外線は強烈です
毎日塗るので塗りやすいタイプがいいですね

トイレットペーパー

マチャメルートにはちゃんとしたトイレがない
キャンプサイトにトイレあるが紙の常備なし
しかも超汚いw
自分の使う分は芯を抜いて持っていきましょう

手ぬぐい

小さくて乾きやすいので便利
顔を洗ったり、汗を拭いたり、
止血に利用できたりと応用できます

和風柄は人気、話のネタになります

一眼カメラ

自然を撮る時は一眼がオススメ
コンデジと一眼、質が全然違います

旅途中のスペインでNikonの一眼を購入
トレッキング中もすぐに取れるように
首から下げていました

ここいいな!って感じたらすぐ写真に残しておくと良い思い出になりますね

一眼カメラケース

カメラを守るために必要
カメラを首から下げてもケースを斜めがけして
持ち歩くことで首への負担を減らせます

プラティパス(水入れ容器)

トレッキング中の飲料水入れ
毎日ポーターに補充してもらえます
多分安全な水なはずw

platypusは熱湯の使用がOK
寒い夜は湯たんぽとしても使えます

エマージェンシーシート(小)

登山・トレッキングには必須のアイテム
デイバックのポケットに入れて持ち歩きました
使用することなく済んで良かったです!

ホッカイロ

現地では売っていないので
日本から持っていく必要があります

冷えやすい人は絶対重宝します
氷点下の中を登るアタック日に使用しました

 

登山時の服装

トレッキングシューズ

トレッキングシューズは日本で購入して
何回か履きならしたもの
足首まで固定されたハイカットが良いですね

スパッツ(足元の泥除け)

モンベル GORE-TEX・ライトスパッツロング

靴とズボンの裾を汚れから守ります
泥濘を歩く時は必須アイテム
長い方が落ちてきにくいが熱いと蒸れやすい

サングラス

紫外線は強いので、曇りでもマストアイテム
偏光レンズがおすすめ
旅中に何回もなくして買い直している・・・

ダウンジャケット

寒さ対策でダウンジャケット
夜中出発の登頂アタック時だけ使用しました

インナーダウン モンベル スペリオダウン

寒い日はインナーダウン+レインコートの
組み合わせがちょうどいいです
性能良いのに軽くてコンパクトに収納可能
意外と高いけど必須もの

インナーダウン モンベル スペリオダウンパンツ

テント内での足元の防寒に役に立つ
寝るときにも着用
軽いし疲れが溜まった足に負担がなくて
山泊なら持ってくべきアイテム

レインコート ジャケット

モンベルのレインダンサーを上下で愛用
山に行くならレインコートは必需品
風邪対策にも有効
明るめの色が山では目立つのでいざと言う時に見つけてもらい易い

レインコート パンツ

モンベルのレインダンサーパンツ
セットで着用

毛糸帽子

ネパールの帽子
中がフェルト生地になっていてかぶりやすい
耳も暖かい!

オーバーグローブ

日中はフリース素材の手袋か軍手
雨風の時はオーバーグローブを使用
防水機能は必須

ソフトシェルジャケット

ジャンバー・フリース系の軽くて気楽に着れる
ものがあると重宝します
モンベルのソフトシェルジャケットはアウトドアに最適

 
 

ポーターに預けた荷物

バックパック

モンベル エクスペディションパック80
二人分の荷物を80Lに詰め込み
ポーターにはこのまま背負ってもらいました

寝袋

モンベルのダウンハガー#3
−1度まで対応タイプ

テント泊なので寝袋は必須!
ない人はツアー会社からレンタルも可能

寝袋カバー・シュラフカバー

モンベル スリーピングバッグカバー
水や汚れからダウンを守れるし
寝袋単体で寝るより暖かい
気温が高ければカバーだけでも寝れる

 

サンダル

ギョサンを愛用
目的地に着いたらトレッキングシューズ脱いで
サンダルに履き替えて足を開放!
ずっと靴履いてると臭くなるしね

歯磨きセット

トレッキング中も歯ぐらいは綺麗にしたい

エマージェンシーシート(大)

持ち運びに便利なコンパクトタイプとは別に、
レジャーシートタイプも持っていきました
底冷え対策で毎回テント内に敷いて使用

着替え

・Tシャツ×4
速乾性ロングTシャツ×1
速乾性半そでTシャツ×2
ヒートテックロングTシャツ
 
・下着×3
3枚くらいあればローテ可能
 
・靴下×3
2セットはトレッキング用
もう1つは寝るとき用
 
・ヒートテックの股引
足が暖かいかどうかは全然違う
 

宿に置いていく荷物管理

ザックカバー

アコンカグアのザックカバー
不要な荷物は鍵のかけれるザックカバーに
全て入れてモシの宿に預けました
汚れ防止や飛行機に預ける時にも重宝します

刃物であれば切れてしまいますが
盗難防止にも効果を発揮すると思います

このザックカバーが旅の中で一番役に立った
超超おすすめアイテムです!

 
 

 

ブログ村ランキングに参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA