エベレスト街道&ゴーキョトレッキング19泊20日 その2「憧れのエベレスト街道を歩く」

everest_top2-1

エベレスト街道&ゴーキョトレッキング 4日目[2010/10/11]

ナムチェ→ティンボチェ(3860m)


高度順応したおかげで、頭痛はまったくしなくなった。でも今日から無理できない高度に突入する。目的地のティンボチェは富士山より高い3860mなのだ。

息を切らさないレベルまで歩くスピードを遅くした。ゆっくり歩くことと水を飲むことさえ守れば、高山病になる確率はかなり下がる。


宿もちらほら


前半はゆるい下りが続く。谷に沿ってトラバースしていく道を行く。色づいた広葉樹も広がっていてなかなか綺麗。苔類も元気に生えている。谷間で降りたら今度は600mのジグザグの登り。傾斜はきつくないのでそんなに大変ではなかった。気が付いたらティンボチェにたどり着いた感じだった。


ティンボチェに到着


村に入った瞬間、目の前にエベレストが小窓のようにポッカリと穴が開いた空から顔を出していた。ようやくエベレストと御対面できた!本当にエベレスト付近だけ雲がなかった。あーーちょっと感動。。やっぱ思った以上に堂々としてるなーって印象だ。


ティンボチェのゴンパ


ティンボチェには立派なゴンパが建っている。エベレストの眺めもいいので、日本からのティンボチェまでのツアーもあるようです。

さて、村に着くとまずは宿探し。チコに荷物を預けて1軒1軒チェックしていく。値段と部屋の状態をチェックしないと安心して寝れないからね。満室の場合は先に進むか戻るかして宿を確保しなくて行けない。ピークシーズンは特に確保が難しくなる。ツアーの場合はポーターが先に抑えてくれるが、個人の場合は自分たちで行くしかない。なのでいつも朝は早めに出発するようにしていた。


このケーキが思った以上のおいしさだった。ネパールの街中でも味わえないんじゃないの?w


宿も決まり、ちょっと目に入って気になっていた「Beakry」を覗いてみる。するとこんな奥地にも関わらず、ネパールらしくない、それはそれはおいしそうなケーキやパンが並んでいる!値段は少々高めだけど、これは食べるしかない。1日の予算は超えちゃうけど。。。いいよね?みたいなノリでチコを連れてお店に行く(笑)いやーおいしかった。ここのカフェはおすすめです。

 

泊まる部屋はこんな感じ。2人部屋が多い。寝袋に入ってその上に毛布もかけて寝ていました。起きている間はストーブのあるダイニングにいる感じです。
 
 
 
 
 

エベレスト街道&ゴーキョトレッキング 5日目[2010/10/12]

ティンボチェ→ディンボチェ(4410m)

5日目からようやく天候が回復、乾季らしい青空が見えるようになる。今まで見えてなった山が周りに広がっている。カンテガ、タムセルク、形のかっこいいアムダムラム。向こうにはエベレスト、ノーチェにローチェがはっきり見える。

上り坂もそれほど急でもなく、歩くのがとても気持ちいい。清清しくてたまらない。今まで見れてなかった分、何度も見回して思わずニヤニヤしてしまう(笑)

ディンボチェ(4410m)でも高度順応で連泊。ここでうまく対応できるかでこの先に進めるかどうかが決まる。今のところ2人とも問題なし。同じ宿のドイツ男4人グループは2人が高山病の気配でぐったり。

ぶつからない様に避けます


いい天気になってきた


右の雲の上に頭を出しているのが、アマダムラム(6856m)
 

ゾッキョも水飲み休憩
 

ホント歩いていて気持ちの良いトレックだった


山側によけます。
 

気持ちいいトレッキング♪
 

青い花があちこちに咲いていました
 

ディンボチェが見えてきました


笑顔の素敵なおばちゃん


はためくタルチョ、ちょっと風強くなってきたかも
 

赤ちゃん!ゾッキョかなヤクかな?
 
 
 
 
 

エベレスト街道&ゴーキョトレッキング 6日目[2010/10/13]

ディンボチェ⇔チュクン(4730m)(高度順応日)

日帰りトレッキングはチュクンに行ったんだけど、ここがマジで良かった。雲一つない空・・・ネパールトレッキング始まって以来の超快晴!むちゃくちゃ青い空に白く輝く山々。どこを向いても6000m級がこちらを見つめている。

4500mくらいまで登ってきているのに、まだこんなに見上げなくちゃいけないんだ〜。なんて感心したり。とくにローチェの南壁は圧巻、迫力がヤバ過ぎる。アマダムラムの左下には氷河の壁がドンと構えている。カーテンのように広がるこの景色はめちゃ気にいって見入ってた。

チュクンより奥はアイランドベースキャンプへの道が続いている。遠くにアイランドピークのきれいな三角形が頭を出している。

昼ごはんを食べた宿にて日本人登山家(ロッククライマー)の平出さんに偶然遭遇。なんでもアマダムラムに登るんだそうな。たった2人で。6812m・・・クライミングなるとレベルが違いすぎる。相方の人はフィッツロイに登ったことあるって言ってた。凄い人はいくらでもいるもんだ。


超快晴!!乾季キター
 

めっちゃ気持ちのよい朝
 

空が青い!山が白い!!
 

まさに別世界の入り口


近くの高台まで散歩
 

レンズに映りこむ
 

2人の影も一緒に♪
 

鮮やかな赤色


自然を感じながらのんびり過ごすってとても贅沢なことだと改めて思う


ホイップクリームのように乗っかる氷河の塊


チュクンへ1dayトレッキング
 

白い壁
 

氷河のカーテン


圧巻のローチェ南壁!空の青さも最高です。


この迫力!たまんないです。





ブログ村ランキングに参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA