ジョムソン街道&アンナプルナトレッキング 持ち物リスト

アンナプルナをトレッキングした時の荷物を一覧にまとめました。

ポーター・ガイドを雇っていないので、全荷物を自分で背負わなくてはいけないですが、宿があり食事が出来るので食料やテントを持ち歩く必要がなくそこまで重くはなりませんでした。行動水1Lを含めて、ケン:10-12kg、チコ:7-9kgくらいです。

アンナプルナの高度はそこまで高くないですが富士山よりは高いです。ザックがある分歩くスピードは大した事ないですが、その分ゆっくりになり高山病になりにくいかもしれません。

10月ですが、いつ冬型の天候になるか分からないので防寒対策は万全にしておきましょう。

必須

バックパック

 

ケン:モンベル エクスペディションパック80(現モデルは70と90)
チコ:アコンカグア フィッツロイ60(ネットにて購入)
旅中に背負っていたザックを利用。ポーターがいるなら、こんな大きなザックはいらないです。30〜40Lあればいける気がします。寝袋や防寒着などの衣類が荷物の大半なので大きさの割に重くはないです。腰で持てるので逆に楽なのかも?


不要な荷物は鍵のかけれる簡易のザックカバーに入れカトマンズの宿に預けた。
簡易のザックカバーはアコンカグアのザックカバー。汚れ防止や飛行機に預ける時にかなり重宝します。刃物であれば切れてしまいますが盗難防止にも効果を発揮すると思います。
このザックカバーが旅の中で一番役に立ったおすすめアイテムです♪
 
 

寝袋


モンベル U.L.スーパー スパイラルダウンハガー#3

寝袋は日本から持参。コンパクトにまとめれるダウンが暖かくて便利です。
ネパールの山小屋では毛布を借りることができますが(できないところもあるかも)、季節や天候によってかなり寒くなるので、睡眠不足にならないためにも、暖かく寝れる寝袋はかなり心強いです。それに借りた毛布がきれいとは限らないので。。。
 
 

寝袋カバー


モンベル(mont-bell) 寝袋 PLTX.スリーピングバッグカバー インクブルー

ダウンは水の弱いので、カバーはあったほうが良いと思う。汚れにくくもなるし、寝袋単体で寝るより暖かくなる。
 
 

トレッキングシューズ


ケン:ネパール(ポカラ)で購入 4000円くらい
チコ:THE NORTH FACE GTX

1年以上愛用したTHE NORTH FACEのGTXが壊れたため、ポカラで購入。思った以上にフィットして靴ズレはしなかった。できれば履き慣れたトレッキングシューズで行きたかった。
現地のポータだとサンダルで歩いている人もいるくらいではあるが、普段山を歩かない日本人は足首まで固定されたハイのトレッキングシューズが良いと思う。
 
 

サンダル


ギョサンを愛用。途中で壊れて買い直したけど。。。

宿に着いたらトレッキングシューズを脱いでサンダルへ。足が開放されてスッキリします。まずは足元からリラックス。
 
 

スパッツ(足元の泥除け)


ケン:旅中になくしたためカトマンズで購入 300円くらいの安物
チコ:モンベル GORE-TEX・ライトスパッツロング

靴とズボンの裾を汚れから守ります。泥濘を歩く時は必須アイテム。歩く時右足で左足のくるぶし辺りを、左足で右足のくるぶし辺りを擦ったりするので、ないとズボンがすぐ汚れてしまう。
 
 

サングラス

旅中に買った安物のサングラス。何回もなくして買い直しているw
紫外線は強いので、曇でも付けた方が良いです。
 
 

トーチ


日本から持参。ドンキーとかで買ったような
 
山小屋の各部屋には電気がない場合もあります。夜トイレに行く場合にも必要になります。明るいうちに目的地にたどり着けない場合も考えると、そもそも山に入る時には必ず必要な一品になります。
 
 

高山病の薬

ダイアモックスと同成分のものをカトマンズで購入。そんなに高くなかったと思う。利尿作用があるので、頻繁にトイレに行くことになるが、高山病になるよりマシ。
3000メートル超えるあたりから飲むといいと思う。
 
 

地図


カトマンズで折りたたみの地図とロンリープラネットのヒマラヤトレッキング版(英語)、地球の歩き方「ネパール」を手に入れ、見比べて使用した。トレッキング中は折りたたみ地図を見て、宿に着いたら本を読むスタイル。
ガイド・ポーターが一緒ではないので、標高・距離・時間などは把握しておく必要がある。

地図無しのトレッカーもいたけど、必須でしょ。
 
 

日焼け止め

紫外線予防のため、毎朝顔に塗った。
 
 

トイレットペーパー(3ロール/人)

トイレに紙は常備していないので、自分の使う分は用意して行く。山小屋でも買えるが質はいまいちなので、カトマンズで買っておいた方が良い。
芯はゴミになるだけなので、あらかじめ抜いておこう。
 
 

手ぬぐい

小さくて乾きやすいので便利。顔を洗ったり、汗を拭いたり、止血に利用できたりと応用できます。
 
 

歯磨きセット

トレッキング中も歯ぐらいは綺麗にしたい。
 
 

無添加石鹸

髪や体を洗う時に使用。自然に害のタイプを持っていこう。荷物を減らすため、液体系ではなく固形タイプの石鹸が良い。
 
 

カメラ

ここいいな!って感じたら写真に残しておくと良い思い出になります。コンデジと一眼の違いを思い知って旅途中のスペインでNikonの一眼を買いました(笑)

やはり自然を撮る時は一眼がオススメ。山小屋でも300円/hくらいで充電できたと思う。
 
 

プラティパス(水入れ容器)


トレッキング中の飲料水入れ。飲料用の水場で補充、または山小屋でお湯を購入。動物が放牧されているところの水は衛生的に良くないので注意です。
毎回、飲料用の消毒液を入れていました。不味くなるので溶かして飲むタイプの粉ジュースも持っていきました。
お湯を入れれば湯たんぽとしても使えます。熱々いれても問題無しなのがすごい!
 
 

エマージェンシーシート


使わずに下山できることが一番望ましいのですが、いざと言う時に体温低下を防ぐことができます。私たちはレジャーシートにもなるタイプを持ち歩きました。テントの時は毎回テント内に敷いて使用しました。
エマージェンシーシートはコンパクトタイプも多数あるので、必ず持っておきたい一品です。
 
 

宿泊や食事代など日数分のお金

上に行くほど高くなりますが、1日だいたい 
一食100rp×3回×2人+宿泊など200rp = 800rp
くらいと予想し、15日分の12,000rpほど持って行きました。
エベレストと比べると全然安いですね。
 
 
 

衣料

ダウンジャケット
寒さ対策で少し厚めのダウン。カトマンズで購入。ノースフェイスなど有名ブランドのロゴは付いているがほとんどがニセモノ。。。値段は質に比例しているようだった。
 
 

インナーダウン上下

 
モンベル U.L.ダウンジャケットとパンツ

トレッキング中はインナーダウン+レインコートの組み合わせ使うことが多い。宿でくつろぐ時や、寝るときにも防寒着として活躍する。軽くて扱いやすい。コンパクトにまとまるので収納しやすい。
意外と高いんだよね〜今ならユニクロのライトダウンでもいいかもしれない。
 
 

レインコート上下

 
モンベル レインダンサー

雨に濡れると急激に体力を奪われるので、レインコート系は山に行く時の必需品。雨降らなくても、風対策に有効。明るめの色の方が山では目立つのでいざと言う時に見つけてもらい易い。
 
 

毛糸帽子


ネパールの帽子。中がフェルト生地になっているとかぶりやすい。旅のお土産にもらったもの。
 
 

手袋


モンベル オーバーグローブ

フリース素材の手袋か軍手で日中は過ごせる。フリース素材の手袋が暖かくて良い。雨風の時はオーバーグローブを使用。防水機能があると手先が冷たくならないのでいいです。
 
 

ジャンバー・フリース


ケン:モンベル ノマドジャケット
チコ:フリーマーケットにて購入したもの

軽めの気楽に着れるものがあると重宝します。
 
 

着替え

・Tシャツ×4
速乾性ロングTシャツ×1
速乾性半そでTシャツ×2
ヒートテックロングTシャツ
 
・下着×3
3枚くらいあればローテ可能
 
・靴下×3
2セットはトレッキング用。もう1つは宿用にした。
 
・ヒートテックの股引
足が暖かいかどうかは全然違う。
 
 
 

食料

・スニッカーズ
ミニサイズの大袋入りタイプ
 
・チョコレートバー
トレッキングの定番アイテム
 
・シリアルバー
上の宿ほど食事の内容は質素になっていくので、補給用に持っていった。早朝出発の時などに食べた。

・インスタントコーヒー
宿でHOTWATARを注文できるので、愛用の飲み物があれば飲める。

・ハチミツ
パンケーキやクッキーにつけて食べる。疲れた時に甘いものは最高に美味しい!

・のど飴
乾燥しているので、あるとうれしい一品。やはり現地の飴より日本の方が断然においしい。
 
 
 

その他

・本< 宿についてからは時間があるので、本などを持っていくと良い。仲良くなったトレッカーと話して過ごす夜も楽しい。 ・ホッカイロ 冷えやすい人は重宝するはず。カトマンズでは見つけれなかったので、日本から持っていこう。





ブログ村ランキングに参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA